フラワーロード

今年も春光台の主要道路の並木道に、花の苗植え作業ボランティア活動を行い、多くの生徒が参加しました。
どの道路も、春光台にある多くの介護施設などに繋がっていて、そこを行き来する皆さんの心を癒やしてくれます。

つつじ

広報部、野﨑鏡市先生が、つつじ咲く校庭を撮影してくれました。
放課後、北海道音楽大行進に参加する吹奏楽部が外で練習しています。最後は、前庭を回って校舎前で終了です。

いざ!全国へ

高体連支部予選は全ての競技が終了しました。昨日のバドミントン最終日は、男子シングルスの決勝戦しか観戦できませんでしたが、チームメートの熱い声援の近くで一緒に応援できて元気を貰ってきました。
6月4日(火)帯広市で開催されます、ソフトテニスを皮切りに、多くの運動部が、全国大会を目指し全道大会に臨みます。
3年生にとっては最後のインターハイ!更に、悔いの無い練習を積み、先輩の築いた実績を凌ぐ戦いを期待しています。

「攻變繋心」

人生は苦悩や不安の連続であり、上手く行かないことの方が殆どです。戦いに敗れると疑心暗鬼や自暴自棄に陥ることもあります。しかし、今まで努力してきたことは間違いだったのでしょうか、全くそうではありません。世界のホームラン王、王貞治選手は「努力は必ず報われる。もし、報われない努力があるのなら、それはまだ努力とは呼べない」という言葉を残しています。
これからが本番です。原点に戻る、基本に戻る。修正はいくらでも間に合います。
自分を信じ、仲間を信じ、指導者を信じ、今できることに全力で力を注ぐだけです。
何よりも、皆を必死に応援している仲間がいることを忘れないでください!
選手諸君の最高の笑顔を楽しみにしています。!

桜咲く校庭

広報部、野﨑鏡市先生が、桜咲く校庭を撮影してくれました。
新入生も少しずつ学校に慣れてきました。

令和元年始動

本校は、昭和35年(1960年)160名の生徒と共に呱々の声をあげ、平成23年(2011年)に50周年を迎え、来年度、令和2年に創立60周年を迎えます。
昭和・平成・令和の時代を駆け抜けてきた本校の卒業生は、現在29,106名となりました。
昭和38年、本校創立者、初代理事長・校長、堀水孝教先生の良き理解者であり、本校創立に大きな御助力を賜った元内閣総理大臣石橋湛山先生が、名誉校長として初めてご来校して頂いた際に揮毫して頂いた「天空開闊」が校長室に飾られています。
原点に立ち返り、心引き締めます。

第2節

昨年度優勝の「高円宮杯JFAU-18サッカープリンスリーグ2019北海道」が開幕し、第2節が4月28日(日)、旭川東光スポーツ公園サッカー場で行われました。
爽やかな快晴の空の下、選手達が躍動していました。前半2-0で折り返し、後半は5本のシュートが決まり7-1で勝つことが出来ました。

グランド整備

広報部、野﨑鏡市先生が、学校から見える冠雪の大雪山連峰とグランドを整備しているサッカー部の様子を撮影してくれました。
いよいよ新年度が動き始めました。

 

「きらめく せせらぎ」

昨年6月に本校図書館で絵画展を開催して頂きました、秋山拓也さん(平成13年卒)に連絡して、今年も絵はがきを購入しました。
「きらめくせせらぎ(美瑛川)」等の新作もあり、どの作品も優しさが溢れています。絵画展は今年も開催予定です。

 

賞状伝達

昨日、新入生歓迎会集会の前に「ゴーセン杯争奪ハイスクールジャパンカップソフトテニス2019北北海道大会」で男子ダブルス・女子シングルス優勝並びに入賞しました男女ソフトテニス部に賞状とカップを手渡しました。
全国大会にも繋がっています。おめでとうございます。