助教

平成24年、本校普通科卒業の阿羅功也くんは、石川県金沢星稜大学に進学し、更に、大学院に進み、今春卒業と同時に、旭川工業高等専門学校の一般人文学科の助教として採用となりました。
昨日、機械システム工学科、岡田昌樹教授とお二人で、ご挨拶に来てくれました。
阿羅くんは、高校時代はサッカー部のレギュラーとして活躍し、3年生の時には見事、全国高校サッカー選手権大会に出場し活躍しました。
地元に戻ってきてくれたことは大変喜ばしく、是非、日本の将来を担う逞しい人材を育てて欲しいと願っています。
恩師の富居徹雄教頭、岡田教授様と記念の3ショット!

復活の狼煙

第72回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)の準決勝、決勝戦が11月16日(土)北海道立総合体育センターで行われ、本校は準決勝2-0で勝ち、3年ぶりの全国大会出場を決め復活の狼煙を上げました。決勝戦は惜しくも敗れましたが、力の差はごく僅かで、この悔しさを全国大会に繋げてくれると思っています。
応援席には、来年度、本校の女子バレー部を希望している中学生や保護者の皆様、また、卒業生など多くの方が一緒に声を出して熱いエールを送ってくれました。
いざ「旭実魂!」

カムサハムニダ!

修学旅行は、国内と韓国の2コースですが、韓国を希望する生徒35名と一緒に久しぶりに韓国に行ってきました。
姉妹校、慶福ビジネス高等学校の心温まる、また、熱烈な歓迎は、昭和59年に本校が初めて姉妹校を訪れたときと全く変わらず、両校が紡いできた交流の歴史は色あせること無く、様々な課題を乗り越え、しっかりと実を結んでいると再確認出来ました。
何よりも生徒達が、言葉が通じなくても心の繋がりを深め、皆、これからの人生に於いて貴重な財産となったと確信しています。

景福宮には、多くの海外の方々が来ており、韓国の民族衣装チマチョゴリを着て闊歩している人達が、随分居て驚きました。
姉妹校の三代目、四代目、五代目の校長もわざわざホテルまで挨拶に来て頂き、感激の再会となりました。
天候にも恵まれ、生徒達は笑顔で元気に旭川に帰ってきました。姉妹校の皆様に心より感謝申し上げます。
カムサハムニダ!

総領事来校

昨日、駐札幌大韓民国総領事館、朴賢圭総領事様が本校に来てくれました。本校の修学旅行で韓国を希望した生徒36名のために、お忙しい中わざわざ時間を割いて札幌からお越し頂きました。
一つの国の総領事が、一つの学校を訪問してくれることは、なかなかありませんが、本校とソウルにある姉妹校、慶福ビジネス高等学校との30年以上に亘る交流の歴史を理解して頂き、今回の訪問となりました。
短い時間でしたが、若者達への未来への熱いメッセージを頂きました。
ありがとうございました。

登稔窯(とうじんがま)

旭川市東旭川米原にあります「登稔窯(とうじんがま)」の窯元、速水登稔先生が学校に来てくれました。昨年、卒業記念品のマグカップをお願いし、今年もご依頼することになり、担当の教員と打合せに来ました。
速水先生は、繊細なのに大胆な上絵付けの陶芸品を大自然の中で作り上げています。

工場祭

9月28日(土)、29日(日)の二日間、本校のオリジナルスイーツのコラボ開発協力企業であります、壺屋総本店「き花の杜」で工場祭が開催され、本校からは商業科の生徒が販売実習を兼ね、今年のオリジナルスイーツ「あざらち」(いちごあん大福)を販売し、盛況に終了しました。
お買い上げ頂きました皆さん有り難うございました。

やどりぎコンサート

9月28日(土)、春光台の保育園から旭川工業高等専門学校などの音楽に関わって活動するクラブなどの演奏会「やどりぎコンサート」が高台小学校体育館で開催されました。今年で14回目を迎えます。本校からは太鼓部と吹奏楽部が参加しました。
特に、吹奏楽部の1曲目「パプリカ」では、ステージ正面で観ていたたいせつ幼稚園の園児が、曲に合わせてダンスをしてくれて、とてもほっこりし和やかなコンサートになりました。

いざ出陣!

夏の甲子園大会は履正社高校が悲願の初優勝で幕を閉じました。甲子園で活躍した選手達はU-18ベースボールワールドカップでも数々の素晴らしいプレーを披露してくれました。
そんな中、いよいよ新チームによる秋の大会が開幕しました。1回戦は劇的なさよなら勝ち、2回戦はコールドで勝ち準決勝に駒を進めました。
野球は一球で局面が変わります。一瞬も気の抜けない試合が続きます。たくさんの思いを乗せ、来年夏の甲子園へ向かって、新チームいざ出陣です!

きぼうまるしぇ

9月8日(日)、春光台にある支援施設、希望学園・第二希望学園で、「第33回きぼうまるしぇ」が開催され、本校生徒がボランティアで多数参加しました。
たこ焼きやストラックアウト、ゴミの仕分けやジュース販売など積極的に活動し交流を深めました。

第11節

4月21日に開幕戦が始まった「U-18サッカープリンスリーグ2019北海道」も終盤戦となり、残り4試合となりました。9月8日(日)は、地元東光スポーツ公園で第11節の試合があり、4-0で勝つことが出来ました。
この日は真夏並みの暑さで眩しい日差しの中、選手達の躍動する姿が逞しく輝いていました。野球部の3年生も友情応援で駆けつけてくれました。