商業科

HOME > 学科・コース > 商業科

商品開発、販売実習の体験型学習で楽しく学び、
一人一人の進路実現に向けた手厚いサポートを実施します

商品開発

㈱壺屋総本店さんとコラボレーションし、オリジナルスウィーツを開発。

保育体験

近隣の幼稚園でレクリエーションや縁日などを行い、園児たちとの交流を図ります。

ICT授業

最新のイラストレーター、フォトショップ、プレミアプロやiPadを使用し、イラストを描いたり写真を加工したりします。CM動画も制作します。

インターンシップ

2年次に市内の企業で就業体験。実際にビジネスを体験し、将来を考える貴重な機会となります。

販売実習

クラスを株式会社と見立てて、オリジナルの商品を販売。販売戦略や会計報告などを、生徒主体で行います。

企業見学

1年次の宿泊研修は企業見学を実施し、早期から進路を見据えます。

会計ファイナンスコース

国公立大学への推薦入学や、金融・経理事務の就職を目指して、簿記検定1級を取得を目指します。

ITライセンスコース

ExcelやWordなど実践的なコンピュータ技術の習得やプログラムの基礎を学びます。

ビジネスコミュニケーションコース

社会人マナーやコミュニケーション能力の育成を目標に、秘書技能検定への挑戦や、保育体験を実施します。

食べマルシェ

旭川市の一大イベントとなった「北の恵み食べマルシェ」でオリジナルスウィーツや旭実ラーメンを販売します。

旭川ラーメン甲子園

商品開発で得たノウハウを生かして、旭川ラーメン甲子園に出場し3年連続で優勝を果たしました。

専門教科の学習内容

ビジネスに必要な知識と技術を習得します。社会の一員として望ましい心構えや態度、ビジネスの諸活動に適切に対応する能力を身につけます。

会計ファイナンスコース

簿記検定1級を目標に、経理・事務分野での活躍を目指します。

ITライセンスコース

実践的なコンピューター技術の習得を目指します。
情報処理1級にも挑戦し、大学進学の道も!

ビジネスコミニュケーション

保育体験などを実施し、コミュニケーション能力を育成します。
秘書技能検定等にも挑戦!

取得可能資格

平成30年度 情報処理技能検定合格者

簿記実務検定 1~3級

企業の経理事務に必要な知識や技術が身につくだけでなく、企業の経営状態などを理解・分析することが可能になり、経営管理能力が身につく。
取得時期

1年生で2、3級に挑戦
2、3年生の会計コースで1級に挑戦

資格が活かせる職場

1級合格は国公立大学受験において有利に働く
・会計事務所
・経理事務
・一般事務

情報処理技能検定 1~3級

ビジネスソフトとして多く利用されている表計算ソフトウェアやデータベースソフトウェアに関する知識や技術を学習し、ビジネスにおいて情報を主体的、実践的に活用する能力を養う。
取得時期

1年生で3級に挑戦
2、3年生のITコースで1、2級に挑戦

資格が活かせる職場

・一般事務
・プログラマー

秘書技能検定 3級

社会人として必要な基本技能や資質を学ぶ
取得時期

2年生のビジネスコースで挑戦

資格が活かせる職場

社会全般

日本語漢字能力検定 2~4級

「漢検」は、漢字能力を測定する技能検定です。漢字を「読む」「書く」という知識量のみならず、漢字の意味を理解し、文章の中で適切に使える能力も測ります。
取得時期

1年に4回実施され、1・2年生の秋・冬には工・商業の生徒が全員受験を行い、取得を目指します。

資格が活かせる職場

社会全般

日本語検定 3、4級

「日本語検定」は、普段勘違いや思い違いをしながら使っている日本語を、正しく使えるようになるための検定です。
取得時期

1年に2回実施され、2・3年の春には工・商業の生徒は全員受験を行い、取得を目指します。

資格が活かせる職場

社会全般

その他

・日本語ワープロ検定 1~3級
・プレゼンテーション作成検定 1~3級
・文章デザイン検定 1~3級
・ホームページ作成検定 1~3級
・計算実務能力検定 3級
・パソコンスピード認定試験(日本語・英語)
・全商英語検定 3~4級
・実用英語技術検定 2~3級

活躍するOB・OG

商業科
●旭川実業高校を一言で表現すると

私が形成されたところ?!まさに母校です!!

竹本容器株式会社 営業部 北海道営業所
末永 雅子さん
(昭和59年3月 商業科卒業)

旭川実業で学んで、現在の職業を選んだきっかけ

当時、専門教科は得意な方でしたが、自分には事務職は向いていないと、就職先を決める際に事務職は選択しませんでした。
結婚、出産が早かった私は25歳で再就職をする事になり、子育てをしながらでも多少の融通をきかせてくれるという町工場で事務を5年勤めその後今の職場に転職しました。
向いていないと思っていた事務職はイメージとは全く違うものでした。
古い教科書やテキストを引っ張り出し、授業で教わったことを思い出しながら、ブランクはあったものの高校で習得した知識を活かす事ができました。
今の会社に長く勤めていられるのも実業高校で学んだ基礎があったからだと思っています。
職種は総務・経理・人事などの総合職を18年勤め、現在は営業部門で内勤営業および営業事務を担当し4年目になります。

商業科
●旭川実業高校を一言で表現すると

将来を想い描ける学校

株式会社北海道通信特機 経営企画部
人事労務課 課長代理
船木 淳美さん
(平成16年3月 商業科卒業)

旭川実業で学んで、現在の職業を選んだきっかけ

商業科ではパソコンを使った授業が多くあり、学んだことを生かせる事務の仕事も考えましたが、元々人と話すことが好きだったので接客業も視野にいれていました。事務も接客も両方出来る仕事と考え、携帯会社を選びました。
予想していた通り、接客マナーやおもてなしを多く学ぶことが出来、思い描いていた社会人になる事が出来ました。今ではauショップから本社に異動になり、みなさんの就職に携わる人事の仕事をしています。

商業科
●旭川実業高校を一言で表現すると

一人一人が輝ける場所

日本ハム北海道ファクトリー株式会社 総務課 課長
上田 琢也さん
(平成4年3月 商業科卒業)

旭川実業で学んで、現在の職業を選んだきっかけ

在学中は簿記等の資格に挑戦し、部活はバドミントン部に所属していました。部活では下苧坪先生に気合、根性を鍛えて頂きとても感謝しております。
3年生になり進学か就職で悩んでいた時に、進路指導部より日本ハム㈱を紹介して頂きました。日本ハム㈱は総合職のため、事務職を目指していた私は悩みました。総合職は製造、開発、品質保証、総務等と様々な係があるからです。しかし、何事も挑戦と思い試験に挑み合格いたしました。
入社後は色々な係を経験し現在は総務課課長を仰せつかっております。主に人事関係、経理、給与の管理をしており、高校時代に勉強した簿記が役立っております。平成20年、「日本ハム北海道ファクトリー㈱」に社名が変わり、2年後には動物園通りに工場見学用通路を完備した新工場建設を予定しております。
今後も食べる喜びを心を込めて提供し、社会に貢献できる企業を目指していきます。皆さんには今しか出来ない事、今の時間を大切に過ごして頂ければと思います。

商業科
●旭川実業高校を一言で表現すると

愛のある学校!

株式会社サンデリカ 旭川事業所 管理課
総務人事係 係長 
鉢木 美香さん
(平成5年3月 商業科卒業)

旭川実業で学んで、現在の職業を選んだきっかけ

私が、旭川実業高校から学んだことは「強い心」です。
勉強だけではなく、社会人になる為に必要なマナーや礼儀を教えていただくことが出来ました。
その分校則は少し厳しく感じる事もありましたが、卒業し社会に出てみると学生時代以上の責任や判断を求められることが多くなります。その中で困難や辛いことを乗り越えていく為には、自分自身に負けない強い気持ちを持つことが大切だと思いました。振り返ると母校で学んだ「愛のある厳しさ」のおかげで今日まで来られたと思います。
現在私は、学生時代に取得した資格を生かしたく、また進路指導の紹介もあり食品製造会社の総務人事係として、幅広い業務をしております。「商業科=経理事務」のイメージが強いですが、総務人事の仕事は多くの人と関わりながら行うため、ビジネススキルも身につき自身を成長させてくれる仕事に就けたことに大変感謝しています。

主な就職先・進学先

資格を生かし、様々な分野の業種が充実!

就職先

・北央信用金庫
・旭川トヨペット㈱
・ネッツトヨタ旭川㈱
・男山㈱
・社会福祉法人 末広第二こども園(保育所手)
・医療法人 高砂台病院(看護助手)
・北海道PKホテルマネジメント㈱
・社会福祉法人 誠徳園(介護職)
・㈱壺屋総本店
・㈱セノン道央営業所(空港勤務)
・㈱JALUXエアポート(空港勤務)
・㈱北海道旅客鉄道 など

進学先

・釧路公立大学
・千葉商科大学
・札幌大学
・旭川大学
・札幌学院大学
・大月市立短期大学
・國學院大學北海道短期大学部
・光塩学園女子短期大学
・旭川大学短期大学部
・拓殖大学北海道短期大学
・駒沢看護専門学校
・旭川医師会看護専門学校
・旭川大学情報ビジネス専門学校
・旭川高等技術専門学院 など

ページTOP