【自動車科】トヨペット・コロナのレストアがHBC「今日ドキッ!」でオンエア

昨年から旭川トヨペット㈱様の協賛・技術協力を得てスタートした「名車復活プロジェクト」が、3月25日(木)のHBC「今日ドキッ!」で放送されます。また、取材の様子は本校公式Youtubeの自動車科にアップロードしております。

↓取材の様子は画像をクリック

↓自動車科Youtube動画は画像をクリック

 

【商業科】スイーツ開発特別講座

商業科では3年次にスイーツ開発を行い、毎年「旭実フェスティバル」や「食べマルシェ」等で販売しています。その事前学習として、2年生を対象に1月27日(水)3・4時間目に、㈱壺屋総本店取締役社長の村本暁宣 様を講師にお招きして、スイーツづくりにおいて大切なマーケティングや味、日保ちについての説明を伺いました。

その後、どら焼き生地、ブッセ(壺屋総本店の商品「雑木林」の生地)、ガレット(「き花」の生地)のいずれかと粒あん、バタークリーム、生クリーム、いちごジャムなどの素材を組み合わせて事前に考えたスイーツをつくりあげました。

生徒たちは実際に試食をし、企画と実際の味や食感の違いを体感しました。

【機械システム科】課題研究発表会

1月27日(水)4時間目、機械システム科3年生が2年生に向けて課題研究発表会を実施しました。

3年生は「電子工作」や「プログラミング」、「機械加工」、「木材加工」などテーマごとの班に分かれ、1年間かけて研究・製作した成果をパワーポイントや動画を交えて発表しました。

2年生は先輩たちの発表を真剣に聞き、次年度へ向けて自分たちが課題研究をするテーマの参考にしていました。

 

【自動車科】「名車復活プロジェクト」最新動画をアップロードしました。

前回、フロントまわりの分解を行い、いよいよトヨペット・コロナの内装を分解する作業に着手していきます。現代の車とは違う部品の取り付け方式に生徒達は悪戦苦闘!取り外したホコリだらけのシートは蘇るのか?今回は、編集をして1本の動画では長くなったので「前編」「後編」に分けております。是非ご覧下さい!

#4「内装パーツと格闘」(前編)

←自動車科最新動画はコチラ

#5「内装パーツと格闘」(後編)

←自動車科最新動画はコチラ

←自動車科の全動画はコチラ

  「自動車科イメージ動画」

  「洗車・磨き・コーティング」

  「名車復活プロジェクト#1~#5」

  「実験動画」    など

←旭川トヨペット株式会社 公式ホームページ

【自動車科】名車復活プロジェクトがテレビ北海道で紹介されました。

月~金:午後5時~5時30分放送の「TVh道新ニュース 5時ナビ」の「Act for HOKKAIDO」というコーナーにて自動車科の「名車復活プロジェクト」が紹介されました。

放送の内容は↓の画像をクリック

←オンエアされたニュースはコチラ

     (TVh公式YouTube)

←「テレビ北海道」ホームページはコチラ

【自動車科】「名車復活プロジェクト」の最新動画をアップロードしました。

今回のレストア動画は、いよいよトヨペット・コロナの作業に本格的に着手しました。今回の作業は、長年溜まった汚れを落とすためエンジンルーム、ボデー、下回りの洗車からスタートしました。マフラーの取り外しや、ボデーパーツの取り外しに悪戦苦闘!! 無事に部品は取り外せるのか!?

←名車復活プロジェクト最新動画はコチラ
←自動車科の全動画はコチラ
←旭川トヨペット㈱ホームページはコチラ

 

【自動車科】「名車復活プロジェクト」の最新動画をアップロードしました。

11月6日(金)に行われたトヨペット・コロナ(1967年)の寄贈式の前に、旭川トヨペット㈱様と代表の自動車科3年生4名で三笠市へ車体を引き取りに行ってきました。今回は、そのときの様子を動画にしたものです。今後も自動車科のYoutube動画をお楽しみください。

←最新動画はコチラをクリック
←自動車科のYoutube動画はコチラ
←旭川トヨペット㈱ホームページはコチラ

【自動車科】名車復活プロジェクトが始動しました。

「名車復活プロジェクト」が始動しました。

ベース車になっているのは、1967年製のトヨペット・コロナです。旭川トヨペット㈱様の全面協力のもと、自動車科の生徒達がレストアにチャレンジしていきます。今回の自動車科動画は11月6日(金)に行われた車両寄贈式の様子をお届けします。

←自動車科新着動画はコチラをクリック
←自動車科の動画はコチラをクリック
レストアベースになるトヨペット・コロナ(1967)
←旭川トヨペット株式会社ホームページはコチラ

 

 

 

【普通科】フィールドスタディに参加しました。

10月26日(月)から28日(水)の3日間、普通科1年生がフィールドスタディに参加しました。『旭川圏トライアルワーク推進協議会』の主催で高校生インターンシップを実施、26日に事前学習を行い27日に企業や団体訪問、28日に事後学習を行いました。市内と近隣26の企業や団体に受け入れて頂き、働くことに対しての各企業や団体が抱える課題等を学び、生徒たちにとっても大変貴重な体験ができました。

「旭川圏トライアルワーク連携支援事業について」

旭川圏の働き手の流出や地域中小企業の慢性的な人材不足、大学等進学・就職に伴う若年層の流出など、喫緊の課題に対応するため、上川中部地域の産学官金の連携により「旭川圏トライアルワーク連携支援事業」を実施しています。

○ 旭川圏トライアルワーク事業
求職者と圏域の中小企業を「トライアルワーク」(常用雇用を出口とした就労体験)という形でマッチングし、地域中小企業の人材獲得に繋げる。
○高校生インターンシップ事業
地域中小企業のしごとの魅力や社会的役割を学ぶ事前学習,受入企業で短時間のインターンシップを体験,地域と生徒本人の将来の関わり方(地元就職を想定したキャリアプラン)を考える事後学習を実施す
る。