【美術部】旭川美術館で日本画のワークショップに参加しました!

11月2日(土)の13時半より、旭川美術館にて日本画のワークショップに参加しました。

今回のワークショップは「日本美術院」様の地域連携教育プログラムと、旭川美術館の岩橋永遠展関連事業の一環として行われたものです。

日本画について教えてくださったのは、日本美術院 院友で、北海道教育大学旭川校美術分野の准教授でもある大石朋生先生です。

 

ワークショップではまず、大石先生から日本画の画材「岩絵の具」について教えていただきました。

その後、現在行われている「岩橋永遠展」と「自然の風景 日本画の世界」を鑑賞し、大石先生と美術館の学芸員である佐藤様に解説をいただきました。

大石先生と佐藤様のお話を聞いて、生徒たちは日本画に強い関心を抱いたようで、目を輝かせながら作品を見つめていました。

膠(にかわ)について解説する大石先生の様子

鑑賞が終わった後は、いよいよ「岩の絵具」を使った制作です。

天然の鉱石などを砕き、膠(にかわ)と呼ばれる動物性の油と指で混ぜ合わせて使う「岩絵の具」の新鮮さに生徒たちは興味津々でした。

普段使っている油絵具やアクリル絵の具とは全く違った描き心地に戸惑いながらも必死に食らいつき、無事全員作品を完成させることができました。

岩絵の具の原材料である鉱石を観察する様子 膠(にかわ)と岩絵の具の混ぜ方を学ぶ様子
制作の様子

ワークショップ終了後から「もっとやりたい!」「自分で岩絵の具に触れると、日本画家の方々の作品のすごさがよりわかる!」と、再度「岩橋永遠展」を鑑賞しに行くなど、大きな刺激を受けた様子でした。

今後の制作に役立つ、非常に有意義な時間となりました。

完成した作品と生徒たち

 

【女子バレー部】11月9日(土)放送の「みんすぽSTURDAY」に出演します。

毎週土曜日18時30分から放送される、「みんすぽSTURDAY」(北海道文化放送UHB)から、本校、女子バレー部が「春高バレー」へ向けての意気込みや抱負についてインタビューを受けました。放送は11月9日(土)となります。

北海道文化放送「みんすぽSTURDAY」番組ページはこちら

【図書局】北海道教育大学旭川校 書道展開催中です!

10月28日(月)より、北海道教育大学旭川校 書道研究室による「小品展」がはじまりました。

1年生から4年生まで、計17名と、同大学准教授の西川様の作品が展示されています。

国語・芸術の授業では、鑑賞の時間を設けて生徒にじっくりと作品を味わう機会をつくっています。

生徒たちは同年代の先輩が力を注 いで書き上げた作品を見つめ、作者の意図や作品のメッセージに耳を傾けている様子でした。

 

展示の様子と、鑑賞する生徒の様子

展示は11月9日(土)まで、平日10時~17時、休日10時~15時に開かれていますのでお気軽にお越しください。

なお、11月4日(月)のみ休館となっておりますのでお気を付けください。

 

 

 

【図書局】教育大学旭川校の学生による書道展を開催いたします。

10月28日(月)から11月9日(土)まで、図書館一般開放事業の一環として、北海道教育大学旭川校の学生による書道展を開催いたします。

平日は10時~17時、休日は10時~15時まで開館しておりますので、ぜひお越しください。

休館日は11月4日(月)のみです。

 

【卓球部】北海道選手権大会を突破し全日本大会出場を決めました。

10月11日(金)~13日(日)の3日間で行われた「2019年度 北海道卓球選手権大会(ジュニアの部)」に、卓球部が出場し全日本大会出場を決めました。詳しい試合結果は以下の通りです。

【試合結果】

男子シングルス
準 優 勝 大 谷 龍 二(機シス2)
男子シングルス
ベスト8 平 岡 稜 真(機シス2)

「2020年 全日本卓球選手権大会」は1月13日(月)~19日(日)大阪市中央体育館で行われます。

【吹奏楽部】第19回東日本学校吹奏楽大会 高校の部 「銀賞」獲得

10月13日(日)金沢歌劇座大ホールで行われた「第19回東日本学校吹奏楽大会 高校の部」に吹奏楽部が出場し「銀賞」を獲得しました。演奏曲は樽屋雅徳作曲の『ノーヴェンバー・ナインティーン』、3年生にとって最後の大会でしたが、金賞まであと1点という結果でした。

吹奏楽部出場メンバー 本大会が高校生活最後となる3年生メンバー

【男子サッカー部】 「プレミアリーグプレーオフ参入戦」への進出を決めました

10月6日(日)、「プリンスリーグ北海道2019」第14節(最終節)が札幌東雁来公園グランド(東)にて行われました。

第14節(最終節)は札幌大谷高校との対戦でした。前半は快調に得点を重ねて4-0で折り返しますが、後半は一転して相手チームに攻められ2失点となりましたが、最後まで点数を守り抜き、勝点3を加えました。その後、同率2位の札幌第一高校の試合の結果により、得失点差で本校が第2位となり、プレミアリーグプレーオフへの出場権を獲得しました。
今年度の「プリンスリーグ北海道2019」は、これで全日程を終了しましたが、10/12(土)からは「全国高校サッカー選手権北海道道予選」が芦別市で行われます。

 

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点 備考
1 コンサドーレ札幌 34 11 1 2 56 9 +47 プレーオフ進出
2 旭川実業 31 10 1 3 40 17 +23 プレーオフ進出
3 札幌第一 31 10 1 3 48 28 +20
4 駒大苫小牧 22 6 4 4 32 18 +14
5 札幌大谷 18 6 0 8 22 29 -7
6 札幌創成 16 5 1 8 20 25 -5
7 帯広北 10 3 1 10 17 41 -24
8 白樺学園 1 0 1 13 10 78 -68

 

【図書局】全道高等学校図書研究大会に参加しました。

9月30日(月)~10月1日(火)の2日間、だて歴史の森カルチャーセンターにて行われた「北海道高文連第41回全道高等学校図書研究大会」に、図書局の生徒4名が参加しました。

今後の図書局の活動を発展させるために良い機会となりました。T-1グランプリ、図書館報コンクール、分科会の3つのコースで活動し、翌日には中上 紀 氏による「物語の向こうにあるもの」という講話を拝聴しました。今後の図書局活動に有意義な研修となり生徒達も意欲的に参加してました。

【吹奏楽部・太鼓部】やどりぎの丘コンサートに出演しました。

9月28日(土)に春光台小学校で行われた「第14回 やどりぎの丘コンサート」に吹奏楽部と旭実太鼓部が出演しました。太鼓部は3曲、吹奏楽部は2曲を披露しました。

1曲目:桜 2曲目:厳 3曲目:雷技
1曲目:パプリカ 2曲目:アラジンメドレー