校長先生のひとりごと

縁結び

茶華道部の生徒が花を生けて校長室に飾ってくれました。枝を結んでいるのは、縁起を担いでいます。新たな年、人と人との縁を結び、繋がりが深まる年となるよう、また、葉牡丹の花言葉は「慈愛」です。世界中の人たちが慈しむ心を大切にし、この難局を乗り越えることを願って生けてくれたと思います。
黄色の小菊が、傍らで優しく応援してくれています。

ページTOP