校長先生のひとりごと

2019年始動

新しい年を皆様と共に迎えることに大きな喜びを感じております。この度のサッカー全国大会出場には多くの皆様からのご支援並びにご芳志を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、本校は来年、創立60周年の節目の年を迎え、その準備に着手します。卒業生は現在、28,733名となり、様々な分野で活躍し、地域社会に貢献し、特に旭川の基幹産業を支えております。

3年生の就職希望者はほぼ100%内定を戴いており、進学もAO入試や推薦入試で合格を勝ち取っております。また、間もなく大学入試センター試験を迎え、受験生は最後の追い込みに日々努力をしております。

AIやネットの進化が目まぐるしい激動の時代に、少子高齢化の波が押し寄せ、生徒達を取り巻く状況は更に厳しさを増しており、より教育の重要性が問われております。この日本の未来を切り開き逞しく生き抜く生徒の育成のため、原点に立ち返り、生徒と共に教職員一丸となって力を結集していく決意です。本年も変わらぬご支援、ご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。

旭川実業高等学校 学校長 相馬 真吾

ページTOP